ライダーのメモ帳

バイク(w650、原付ビーノ)の他に、無線、剣道、ダイエットなど、自分の好きな事を記事にします。

カテゴリ: 2012年北海道

昨年北海道ツーリングで利用した天塩町のライダーハウス
 
ここでライダーハウスを利用して、ハウスにある落書き帳に記載すると1冊の雑誌に製本して、利用者に送付してくれるんです。
 
それが、本日届きました。
 
イメージ 1
 
こんなの読んでいると・・・・・今年も行きたくなるね!

船内放送で目が覚めました。また、長い船旅です。
 
まずは朝フロです。
 
イメージ 1
 
朝からフロとは、ゼイタクですね(笑)
 
イメージ 8
 
露天フロもあります。
 
イメージ 9
 
ゲームコーナーや
 
イメージ 10
 
トレーニングルームもありました。
 
よせば良いのに、素足でランニングマシンに乗り運動を始める馬鹿・・・・・・・
 
時速8キロに設定して、走り始めました。・・・・・ものの数分で事故は起きました。
 
素足で走っていた為、ローラーに足が・・・・・・・そのまま転倒
 
左足の一指しゆびが、みごとに、ぐにゃり左に曲がっていました。
 
『しまった、骨折してしまった』・・・・・・・何か・・・・・まがった箇所から、白い物が見えています。
 
えっ・・・・・・骨か?
 
あわてて、曲がった指を真っ直ぐに直し、出ていた骨を指の中に押し込みました。
 
後ろで見ていた女性の方が、テッシュを出してくれたので、吹き出る血液をテッシュで止血しました。
 
しまった。・・・・・・馬鹿ですね!
 
そのまま手で押さえながら、フロントまで・・・・・
 
イメージ 11
 
指が関節部分から裂けていました。
 
パーサーに消毒、テーピングをして頂きました。・・・・・なさけない
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
こんな時でも、証拠写真は忘れませんでした。・・・・・ガックシ
 
しばらく静かに寝ていたんですが、船旅は長い・・・・・・・やる事が無いので
 
イメージ 14
 
甲板に出たり
 
イメージ 15
 
すれ違うフェリーを見たり
 
イメージ 2
 
ほとんど、怪我をした人には見えなかったでしょうね
 
イメージ 3
 
普通に、ビンゴゲームに参加したり、歌謡ショーを聴いたりして時間をつぶしました。
 
イメージ 4
 
怪我さえしなかったら・・・・・楽しい船旅だったんですが・・・結構楽しんだりして
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
この後、敦賀のフェリー乗り場から自宅まで、まだ走らなければなりません。
 
足はブーツの中に押し込む事は出来たんですが、チェンジがままなりません。
 
足先をチェンジレバーの奥まで入れて足の甲でチェンジします。高速は何とかなったんですが、それでも道路の段差があると、痛みが走ります。
 
春日井インターから自宅までが・・・・・信号が青になる事を祈りながら、何とか無事に帰宅しました。
 
最後に、失敗しましたが、これも来年の宿題といたしましょう!
 
以上・・・・・・・・・・・・・・・・2012年度北海道ツーリングでした。
 
帰宅後、洗車はもちろん、補修箇所もまだ何も出来ていません、まだ楽しみはあるのでした。

余市のニッカウヰスキー工場を証拠写真として写し・・・・・工場見学は時間が無い・・・・ザンネン!
 
イメージ 1
 
初めての積丹半島ツーリングです。
 
イメージ 2
 
積丹半島は、北海道とは少し違う風景で、なんとなく・・・・・安心できるっうか?
 
知多半島に近い臭いがしました。
 
イメージ 3
 
泊原発の影響でしょうか・・・・・だれもいない立派な駐車場があったりして、しかもトイレもすごく立派
 
イメージ 4
 
ちょっと勿体無いんじゃないかと・・・・・思う建物なんかが・・・・・あるですよね
 
イメージ 5
 
海はいっしょだけど・・・・・
 
イメージ 6
 
咲いている花(ハマナス?)も、同じなんだけど・・・・・ちと、建物が立派すぎる気がしました。
 
そんな感じで、最終日の北海道を満喫して、今夜のフェリーで帰宅いたします。
 
ただ、フェリーまで時間が余ったので、
 
イメージ 7
 
フェリー乗り場に近い道の駅で、温泉に浸かりのんびりいたしました。
 
22時30分フェリー乗り場に集合なので、時間はタップリある。温泉で22時まで時間をつぶし、フェリー乗り場に向います。途中、コンビニで購入したアルコールで最後の夜を楽しんだのは言うまでもありません。
 
乗ったフェリーは新造船の『すずらん』でした。
 

6月28日、今日は北海道最終日、昨日のお昼過ぎから気温が上がってました。
 
今日も夏日になる予報、やっと持ってきたメッシュのジャケットを着る事が出来ます。
 
イメージ 1
 
羊蹄山を見ながら走ります。最終日に、まにあって良かった、メッシュジャケット(笑)・・・・・
 
この日が無かったら、何の為に持ってきたか・・・・・悔しい思いがする所でした。
 
イメージ 2
 
ジャガイモの花?ですかね・・・・・・
 
イメージ 3
 
きれいに咲いていました。
 
このまま、余市に向け走ります。
 
イメージ 4
 
実は、まだ積丹半島を走ったことが無かったので、初の挑戦です。・・・・・・それほど?
 
イメージ 5
 
それにしても、羊蹄山って、姿が美しいですね
 
絵になります!
 
イメージ 6
 
『w650と羊蹄山』・・・・・・なかなか、良い絵じゃないでしょか?
 
個人的には、気に入っています。
 
イメージ 7
 
羊蹄ふきだし湧水
 
ここで、おいしい湧水をいただきました。
 
イメージ 8
 
 

6月27日、今日は昨年のリベンジで襟裳岬に向います。
 
イメージ 8
 
途中、シガーライタープラグの固定ねじが脱落、
 
実は、ビスがゆるんでいたのは知っていたんですが、邪魔だったので、無視していました。
 
イメージ 9
 
ガムテープで補修して、走ります。
 
また帰宅後の仕事ができた。・・・・・実は楽しみだったりして(笑)
 
そして
 
3度目の正直で、やっと晴れの日に来れた!襟裳岬
 
イメージ 1
 
この駐車場で豊橋ナンバーのw650に再会できたんですが、(1回目は、天塩の道の駅)タイミング悪く、話が出来なかったのが残念!
 
イメージ 2
 
やっと、晴れた日に来れたので、先端まで歩きましょうと・・・・・・
 
イメージ 5
 
突端まで、歩いてみました。
 
イメージ 6
 
こんな通路を歩いて数分、バイクに乗りっぱなしだったので、歩くのが気持ち良かったですね!
 
イメージ 7
 
えりもの町並みです。
 
何も無いので・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(歌の文句)・・・・・
 
早々と出発!
 
イメージ 10
 
さすが観光地、多くのライダーが集合します。
 
個人的には、ここはもう満足したので(笑)・・・・次は無いかも
 
向う先は洞爺湖の大和旅館(ここは、私のお気に入り。ここ数年、必ずお世話になっています)
 
しかし、襟裳岬から苫小牧までの海岸線の国道は、わたしにとって『退屈な国道』なのです。
 
途中、お馬さんが好きな方には、牧場もあって良いかもしれませんが・・・・・・私には走りたくない国道なの!
 
今日は、時間にも余裕があるので、先日ガスで見れなかった羊蹄山を見に行きました。
 
イメージ 11
 
よし!・・・・これで、雨やガスで悔しい思いをした場所はすべて見ることが出来たので宿に向います。
 
イメージ 12
 
源泉掛け流しの温泉宿、初めてバイクで来た年から、ここは毎年来ています。
 
夜は花火が洞爺湖で上がるので、結構楽しみにしています。
 
イメージ 3
 
はじめて来た年、この駐車場をバックで駐車して、そのままバックで出ようとして、バランスを崩して立ちコケしました(笑)
 
荷物満載だったので、支えきれずに・・・・・そのまま倒れました。
 
そのままでは、起こす事も出来ず、荷物をw6から取り除かないと動かない状態でした(泣)
 
イメージ 4
 
今夜もライダーは私1人、貸切で20畳ほどでしょうか、大広間で寝ます。
 
ここもシュラフ、マットは必要ありません。
 
なんだかんだと、シュラフのいらないライダーハウスを回れば、荷物はかなり少なく出来ます。
私の場合、シートバックにシュラフとマットを入れているだけなので、パニアケースだけで北海道ツーリングは出来てしまいます。
 
来年はどんな装備をしましょうか?
 
 

さてと、そろそろ今夜の宿を予約しないと、・・・・・・釧路湿原から20キロほど離れた箇所にあるライダーハウスに向け走行中・・・・時間も時間だし、バイクを停め電話すると、女性の声から『私、入院中だよ』・・・・・・・・
 
えっ!・・・・・・・・やばいぞ!ここに、泊れるもんだと勝手に決めていたのに(笑)
 
あせってマップルを広げても・・・・・・他の場所までは、距離がある・・・・・ガックシ
 
焦って探すので、見つかる物も見つからない(笑)
 
そこで、ナビの登場!(出発前に気になるライダーハウスをメモリーに入れていました)
 
1番近い箇所は・・・・・・そこは、マップルに載っていないライダーハウスです。
 
ネットで偶然に見つけたのをメモリーに入れておいたのです。
 
電話をすると、オーナーから色々質問が『自転車か?バイクか?』・『マフラーはノーマルか?』
 
質問に答えると『OK!』の、ありがたいお言葉・・・・・『その場所からは、近道があります。気をつけてお越しください』
 
イメージ 1
 
個人のお宅の庭にあるカマボコ型のスペースがライダーハウスになっていました。
 
住宅地にあるので、エンジンは切って移動してください。
 
イメージ 2
 
バイクはこのカマボコ型ドーム内に保管できます。
 
イメージ 3
 
工具も完備され、オイル交換もOKとの事でした。
 
イメージ 4
 
冷蔵庫も完備、この扉の中が、今回お借りした部屋です。(本来は女性用でしたが、本日の宿泊が2人でしたので、個室となりました。
 
電子レンジ、食器、流し、シャワー室なども完備されており、かなり快適でした。
 
イメージ 5
 
ここが今夜の宿、2段ベットの上段で休みました。個室として利用したので、シュラフ、マットは必要ありません。
 
イメージ 6
 
畳があり、のんびり出来ました。カマボコ型ドーム内にオーナー手作りの個室があるのです。
 
イメージ 7
 
今回、歩いてすぐの場所にコンビニがあり、夕食を購入してからライダーハウスに入ったので、食べる事は出来ませんでしたが、ドーム内にBQコンロが準備できており、ジンギスカンが頂ける様に準備してありました。
 
ただし、1人前では無駄が多い為、2人以上で無いとBQは無理のようです。
 
先着の方は、私が食材をコンビニで購入済みなので、がっかりされていました。
 
イメージ 8
 
ラジコン模型は以前の趣味で、現在はアウトドアが趣味らしいです。
 
イメージ 10
 
雑記帳があり、オーナーが宿泊者の写真を貼り付けて下さいました。
 
イメージ 9
 
トイレはコンテナの外にあり、夜出て夜空を見上げたら、満天の星空で、まるで絵に描いたような星空でした。
 
オーナーとお話しすると、国道から近いので、『爆音で走るライダーが好きではない』と・・・・・・ライダー目線だと、良い音と感じる排気音。しかし、住民にすれば迷惑以外の何物でもない。
 
ましてや、ライダーハウスを設置して、我々のような貧乏人を快く迎えてくれるライダーハウス。オーナーが許しても、お隣さんは迷惑ですね、夏になるとマフラーを改造したバイクたちが北海道に集まるので、住んでみえる方には申し訳なく思います。
 
少なくとも、このライダーハウスにはノーマルマフラー以外は泊る事は出来ません。ノーマル以外のライダーは立ち寄る事も、控えてください。
 
心無いライダーの為に、ライダーハウスが閉鎖した話は良く聞きます。
 
私もライダー寄りなのが・・・・・つらい
 
翌日、早朝にもかかわらず、・・・・『今度来た時は、ジンギスカンを食べてください』と、送り出してくださいました。

イメージ 1
 
この慣れた態度を見ていたら『何百年も生きている化けキツネ』・・・・・・そんな感じがしたんですが
 
あんな彼らにしたのは、おろかな人間たちのせいですよね
 
イメージ 3
 
知床峠からは次のコースの為、美幌に向うが・・・・昨日走行したコースなのでショートカットして
 
釧路に向けて走行中、多和平の標識が
 
誘われるかのように脇道へ・・・・・『おっ、4桁の道なんて初めてだ!』
 
イメージ 4
 
たどり着いた場所が、多和平
 
イメージ 5
 
牧場で昼寝をするのは、牛か馬かと相場が決まっていたが・・・・・ここじゃ人間が昼寝してるよ!
 
ちと、うらやましい
 
もう少し、余裕があったら・・・・・お仲間に入れて欲しいものです。
 
イメージ 6
 
開陽台もよかったけれど、
 
イメージ 7
 
多和平も負けない位、良かった!
 
イメージ 8
 
まっ、天気しだい、だけど・・・・・
 
イメージ 9
 
天気の良い日でしたら、お薦めです。
 
イメージ 10
 
間違いなく、地球が丸い事が・・・・・・確認できます。
 
イメージ 2
 
こんなに良い場所でも、ガスがかかっていたら・・・・テンション下るよね
 
ですから・・・・・天気の良い日・・・・・限定です。

イメージ 1
 
相泊温泉より、戻ること数分・・・・
 
イメージ 2
 
セセキ温泉に到着!・・・・・・・北海道の地名って・・・・・読めます?
 
バイクで走行しながら、地名の漢字下に記入してある、ローマ字の文字を読もうと努力しようとするんですが
 
ほとんど・・・・・・読めません
 
これだから、いつになっても・・・・・記憶できません(泣)
 
この瀬石温泉も、実はセセキ温泉と解らずに通過した場所でした。
 
イメージ 4
 
お湯の量が少なく・・・・・満潮になると海に沈むため?・・・・・湯船に海草が・・・・・
 
イメージ 5
 
湯所は2箇所有ったんですが、どちらもお湯が少なめ・・・・・
 
綺麗な相泊温泉に入浴した後に・・・・・・入る勇気がわきませんでした。
 
イメージ 6
 
そんな訳で、セセキ温泉は次回の楽しみに取っておきましょう。
 
それでは知床峠に・・・・
 
イメージ 7
 
今年は来れないかと一時はあきらめたんですが・・・・・・・さすが、晴れ男
 
本当は・・・・・・・・晴れしか走らない男です。
 
イメージ 8
 
残雪はあっても寒くないですよ!・・・・・快晴だし、気温も上昇中!
 
イメージ 9
 
でも、ウエアは・・・・・・・・・冬用です(笑)
 
さすがに、メッシュを着るほど暑くはないからね
 
今年は宝の持ち腐れになってしまうか?メッシュジャケット
 
イメージ 10
 
道内よく見かけるキタキツネ・・・・・・・しかし、知床横断道路に生殖するキタキツネは人間になれ過ぎ!
 
イメージ 3
 
道路に出て、『写真を撮ってゆきナ!』って、言っているみたいで・・・・近くに寄っても逃げません。
 
カメラを向けるとポーズまで・・・・・中にはクルマの横まで寄って、餌を催促する感じでした。
 
 
 

イメージ 1
 
ライダーの聖地、開陽台
 
ここは360度北海道を見渡せる、ライダーのあこがれの場所です。
 
去年はガスに邪魔されましたが、今年は飽きるほど、堪能してきました。
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
もう十分!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・見飽きるほど楽しんで
 
天気の良くなった羅臼に向いましょう。
 
イメージ 9
 
時間はタップリあるので
 
イメージ 10
 
お~~~羅臼だよ~~~っ!
 
それじゃ、いままで行けなかった、相泊温泉やセセキ温泉めぐりをやってやる~~~
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
お~っ!、まだ囲いがあるのね!
 
イメージ 3
 
ちょうど温泉から出た方がいたので、『湯加減は?』って聞いてみたら『あつい!』・・・・・・苦手なんだよね
 
でも、なかなか来れないから・・・・・入ってゆきましょう
 
イメージ 4
 
本邦初公開・・・・・・あんまり見つめないで
 
温泉ですが、よかよか!そんなに熱くないよ。
 
長湯は無理だけど、浸かれないほどじゃない。
 
次は・・・・セセキ温泉だ~

イメージ 1
 
摩周湖って、なぜか自然と足が向きますね、過去に何回か北海道に来た事があるんですが
 
毎回、摩周湖は必ず来てしまいます。
 
それほど摩周湖に興味は無いんですが、来やすい場所にあるからなんでしょうか?
 
イメージ 2
 
摩周湖に来ても、摩周湖より天候の方が気になる私でした。(羅臼方面)
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
今度は第1展望台からの摩周湖です。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
第1展望台からの摩周湖と第3展望台からの摩周湖・・・・・どちらがお好きですか?
 
私は、最近第3展望台ばかり行きます。・・・・・なぜかって?
 
行ってみれば、解ります!ニヤリ
 
で、摩周湖からの展望で、この先のルートが決まりました。羅臼までは無理でも、開陽台までなら大丈夫そうだ
 
去年は開陽台はガスの中だったからね
 
イメージ 13
 
開陽台に向う途中、無線機のPTTが逝かれました。
 
イメージ 3
 
こんな感じで、応急処置・・・・・帰ってからの仕事が出来たね
 
イメージ 4
 
最初は開陽台までのつもりが、だんだん天気は良くなり、羅臼方面の雲が無くなりました。
 
イメージ 5
 
開陽台に向う1本道!
 
イメージ 6
 
着きました。
 

6月26日、04:25起床、しかし空は曇り・・・・・『あのオホーツクからの冷気が流れてきたのか?』
 
とりあえず、コタン温泉に行きましょう。
 
パジャマにブーツを履いて、ヘルメットは忘れずにかぶりました。
 
イメージ 1
 
早朝、誰もいない道路をパジャマ姿でw6に乗っています。
 
イメージ 2
 
走ってすぐの場所に、コタン温泉があります。
 
真ん中の岩が男女の境で左が女性用、右が男性用です。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
非常に綺麗に整備されており、地元の方に感謝して入浴いたします。
 
湯加減は少しぬるい感じで、長時間の入浴が出来ます。
 
私、長湯は苦手なんですが、ここの温泉なら20分ぐらいは、いけます。
 
もちろん、今日ものんびり温泉を楽しみました。
 
近くに和琴の露天風呂もあるんですが、ここは来年の楽しみにいたしましょう。
 
イメージ 7
 
ライダーハウスに戻って、同泊ライダーの愛車
 
イメージ 8
 
やはり、温泉ですね。パジャマで往復しても、身体はポカポカです。
 
イメージ 9
 
昨夜、ガソリンの補給が出来なかったので、遅めの出発でした。
 
近くの川湯温泉のライダーハウスを見たかったので、コタン温泉の横を走りました。
 
イメージ 10
 
そこには、可愛いキタキツネの親子が・・・・・キタキツネは北海道では何処でも目にしますが、子キツネは矢張り可愛いですね。
 
でも、警戒して隠れてしまいました。子キツネ2匹写真に残したかったな~~
 
イメージ 11
 
ライダーハウスは見当たらなかったので、硫黄山を見ながら摩周湖に向います。
 
イメージ 12
 
摩周湖は割と標高のある場所ですので、気になる羅臼方面についつい目が行ってしまします。
 
イメージ 3
 
第3展望台から羅臼方面、やっぱり白い雲に覆われていますね。
 
イメージ 4
 
今年も霧の無い摩周湖
 
青く綺麗な色です。
 

イメージ 1
 
お世話になったライダーハウスです。
 
イメージ 2
 
ライダーハウスのすぐ裏が屈斜路湖で、近くに無料の温泉があります。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
本日のライダーは3名でしたので、各人個室を頂きました。
 
布団完備ですので、シュラフは必要ありません。
 
イメージ 5
 
ハウスの横にはルピナスが咲いていました。
 
イメージ 6
 
バイクから降りたらやることは、散歩か1杯飲むしか・・・・・・・
 
イメージ 7
 
明日も間違いなく晴天です。
 
それにしても、オホーツク恐るべし・・・・・網走恐るべし・・・・・あの恐怖の寒さ
 
今年は、近寄らない方が・・・・・・来年の宿題にしましょう
 
 

イメージ 1
 
原生林の中に人工物が・・・・・もうすぐ、始めての三国峠です。
 
イメージ 2
 
こんな所に・・・・・凄い物を作ったもんですね
 
イメージ 7
 
北海道ツーリングを始めて・・・・3年目にして、やっと来る事が出来ました。
 
イメージ 8
 
天気も最高だし!
 
イメージ 9
 
よし、この天気ならオホーツク方面も天気は良くなっているはずだ・・・!
 
先日、挫折した網走に戻り、羅臼を走ろうと走り出しました。
 
イメージ 10
 
きゃー最高(笑)・・・・・・自然と微笑む自分
 
イメージ 11
 
イメージ 12
イメージ 3
快調にw6も自分も走り、網走市内にはいったとたん・・・・市内はガスに包まれていました。
 
このガスが、異常に寒い・・・・・まるで冷蔵庫の中
 
今夜予定のライダーハウスは温泉付なので、ライダーハウスまで行けば・・・・
 
何とかなるでしょう~的な考えで海岸線を走ったんですが・・・・・
 
もう無理!
 
何とか着いて温泉に浸かったって、明日の低温注意報がなくなる筈が無い!
 
もういやだ
 
内地に戻ろう・・・・・・
 
イメージ 4
 
ガスの範囲から逃げれば、ごらんの天気、羅臼は次の機会にいたしましょう。
 
イメージ 5
 
で、今夜の宿は屈斜路湖にあるライダーハウス
 
イメージ 6
 
1階がレストランで2階がライダーハウスのポントさん
 

今日から、本格的に天気が良くなるそうだ。旭川は24度なんて、テレビで言っていた。
 
今日のコースは『道内高所越えコース』、昨年のナイタイ高原はガスがかかっていて展望は良くなかったけれど
 
イメージ 1
 
今日は良くなるそうだ・・・・・ニヤリ
 
でも、早朝の天気は曇りでしたね
 
イメージ 2
 
全然心配はありません(笑)
 
イメージ 5
 
狩勝峠で一休み
 
イメージ 6
 
峠の東屋でモーニングコーヒーを1杯!
 
イメージ 7
 
コーヒーを飲み終わる頃には・・・・・天気の方も、一気に回復です!
 
イメージ 8
 
ご覧下さい・・・・・・・快晴だよ!
 
イメージ 9
 
もう、何の心配いりません!・・・・・・・・・・・・・・・もちろん雨具だって
 
イメージ 10
 
ナイタイ高原まで、いっきの走りで到着!
 
去年とは大違い、がははははっ!・・・・・リベンジ出来たね!
 
イメージ 11
 
高原の駐車場、草の上で座り、初めて走る今日のコースを夢見ていました。
 
イメージ 12
 
それじゃ、行きますか
 
イメージ 3
 
今は廃線となっている旧国鉄の橋の残骸
 
標高はさらに・・・・・
 
イメージ 4
 
原生林の中をひたすら・・・・・走りました。
 

本当は帯広まで行くつもりだったんですが、帯広方面にあやしい雲があったので、引き返してきました。
 
イメージ 1
 
怪しい雲が解りますか?
 
イメージ 2
 
富良野方面は快晴なんです。
 
イメージ 4
 
ここが本日の宿ライダーハウス、ログ由縁です。
 
イメージ 5
 
バイクも屋根付きです。
 
イメージ 6
 
寝室はこんな感じで、シュラフ、マットは必要ありません。
 
イメージ 7
 
お風呂もございます。脱衣箇所は冷蔵庫・・・・・・やってくれるね!
 
イメージ 8
 
お風呂は天然水利用なので、雨上がりの今日は少し、にごっておりました。
 
イメージ 9
 
天然水がお嫌いな方は、シャワーもございますので、ご安心ください。シャンプー、ソープも完備!
 
ランドリーも無料、洗剤付です。
 
イメージ 10
 
この方が、ここのオーナーです。『宣伝してよ!』って、頼まれたからではありませんが、お勧めのライダーハウスです。ここのオーナーになって日が浅いそうです。以前のオーナーは自宅に帰っていたそうで、ライダーハウスは無法地帯・・・・主(ぬし)が住みついていたそうですが、このオーナーが追い出したそうです。
何処に泊ろうか迷った時は・・・・・行ってみて下さい。
 
イメージ 11
 
この方、東北、宮城からツーリングされている、本日の旅仲間、
 
この後、調子に乗って飲んだら・・・・・・記憶を無くしました。
 
イメージ 3
 
今回は自分のバーナーを使いましたが、冷蔵庫、テレビ、キッチン、鍋、やかん、食器、グラスまで自由に使えます。ここでは何も必要はありません。手ぶらでお出かけください。近くにコンビニもございます。
 

イメージ 1
 
昔、ファミリアⅡに乗った時があったんですが、丁度ドアミラーが流行りだした時でした。
 
他のマツダ車には乗った事が無い、サイドシートなら、ロータリーのサバンナには乗った事はあるんですが
 
運転した事がない。
 
イメージ 2
 
このスポーツは見ただけ(笑)
 
イメージ 3
 
この古さは、私の1世代前だね。
 
イメージ 4
 
パブリカは大衆車で、よく当時は走っていました。
 
イメージ 5
 
外車は・・・・・・ご縁がございません!
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
くじらクラウンなんて、呼ばれていたやつか?
 
ガルウイングの27ははじめて見たね!
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
27のトレノ、レビンはマジ欲しかった、オーバーフェンダーにあこがれた時代です。
 
イメージ 10
 
旧車を保管するには、ガレージが必要で・・・・・北海道にはそれが簡単に解決しちゃうんだろうね
 
私なんか、1台のバイクさえカバーするだけしか出来ないのに・・・・・土地が欲しい!
 

イメージ 1
 
天国のような菜の花畑に、そのまま居たかったんですが・・・・・・
 
イメージ 2
 
それも無理・・・・・・・・・・・・本日の宿泊予定地に向います。
 
イメージ 3
 
ところが、クラシックカーの祭典があったので、予定変更!
 
イメージ 4
 
懐かしい、クルマたち
 
イメージ 5
 
北海道には、まだ生き残っていたのね
 
イメージ 6
 
このローレル若い時に、知り合いが、『タダでやるから乗ってくれ』って、言われた事があったんですが、SGXはツインキャブで燃費も良くなかったので、お断りした事がありました。・・・・・懐かしい(白のSGXでした)
 
イメージ 7
 
MR2にも、乗った事があったんですが、スーパーチャージャ付きで、まるでゴーカートみたいでした。
 
イメージ 8
 
ハコスカやジャパンにも乗ってみたけど、当時から貧乏だったので所有は夢でしたね!
 
イメージ 9
 
おじさんには、目の毒だね(笑)
 
イメージ 10
 
いすゞ車にはなぜか縁が無く、乗った事が無い
 

山岳地帯を無料の高速を利用して、美瑛に・・・・・・・・・・・・・・もう快晴
 
イメージ 1
 
目指すは白銀荘の前のある、吹上露天風呂
 
イメージ 2
 
むかしテレビのドラマ『北の国から』で、放映された場所、1度は行きたかった場所です。
 
イメージ 3
 
もちろん、無料です。
 
イメージ 4
 
この温泉に入ることが出来て、また1つ夢がかないました。
 
イメージ 5
 
まだ入った事の無い方、お薦めですよ。
 
イメージ 6
 
温泉を出てから、本日の宿に向います。
 
イメージ 7
 
富良野を走行中、山肌に黄色く光る場所を発見!
 
当然、足はそちらに向います。
 
イメージ 8
 
そこは菜の花ですね。・・・・・・・・・・凄く良い香りが充満しています。
 
渥美半島の菜の花は、肥料の臭いがするんですが、ここは香水の香り!
 
イメージ 9
 
とても、同じ花とは思えません。
 
イメージ 10
 
何時間も留まりたくなるほどの香りです。
 

今日は、走るだけの1日・・・・・・・それも北海道だね!
 
イメージ 1
 
今日の宿だけど、今まで泊った事の無い場所にしたかったんですが・・・・・お天気の良くない日には出来ればバイクを走らせたく無いのです。
 
イメージ 2
 
タイミングよく、去年宿泊した。SLの宿
 
イメージ 5
 
客車と駅長室のどちらかを選べます。・・・・・去年は駅長室でした。
 
駅長室は畳式の個室、隣にキッチンも完備されているので、今回も駅長室を選びました。
 
ところが、『今日は満室だよ!』・・・・・えっ?
 
どうして?・・・・・・実は明日はサロマ湖100キロマラソンが開催されるので、マラソン参加者でどの宿泊施設も満席のようでした。
 
イメージ 6
 
客車の方は、まだ余裕があったので、今回は客車に泊ります。
 
イメージ 7
 
一応、つい立があり隣との境はあります。
 
ここも、シュラフ、マットは必要です。
 
イメージ 8
 
w6も、屋根のある場所で嬉しそう!
 
イメージ 9
 
ここが受付で16時からですので、早く着いても誰もいません。
 
イメージ 10
 
6月24日
 
お隣に泊っていたライダーの愛車です。
 
これからオホーツクに向うそうなので、『寒いですよ!、気を付けて』と、声を掛けお別れです。
 
イメージ 11
 
反対のお隣さんは、日本1周中のチャリダー、疲れているのか、熟睡されていました。
 
イメージ 3
 
今日は午前中が天気が悪いらしい
 
山に向うのは無謀なので、当初の予定通り、羅臼に向います。
 
イメージ 4
 
でも、オホーツク側は、低温注意報が出ていました。
 
早朝3時にマラソン参加の方たちが出かけます。ふと窓を見ると月の明かりがまぶしい!
 
『おっ、天気が良くなったか?』と、思ったら、街灯の明かりでした。・・・・・ガックシ
 
それにしても、北海道の朝は早い、4時前には完全に朝になっている。
 
でも、『ガスが、出ているんだよね』・・・・・オマケに道路も濡れている。
 
天気予報では昼過ぎから天気が良くなってくるはず、釧路は明日にして、予定を変更するか?
 
しかし、山方面には峠が待ってる・・・・・少し不安
 
意を決して、内陸部に・・・・・ところが、峠は走らなくてもOK!無料区間の高速道路がありました。ニヤリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

去年、探し出して、初めて走ったエサヌカ線
 
イメージ 1
 
今年は身体が覚えていてくれました。『あっ、この景色!』この道に入ると・・・・・うししししっ!
 
間違いありません、憧れだったエサヌカ線・・・・
 
イメージ 2
 
2回目だから、感激度は去年より落ちるけど(笑)
 
やっぱ!・・・・・・・・・・・・・・気持ちがいいぞ!
 
イメージ 3
 
ここを君は走った事があるか?
 
もし、まだだったら1度は走ってください。・・・・・・感激間違いなし!
 
イメージ 4
 
初回の走行は涙が出そうです・・・・・・少しオーバー?
 
イメージ 5
 
『くねくね道が好きなんだ!』って、言う方も、だまされたと思って、走ってください。
 
イメージ 6
 
ウソはつきません・・・・・・たぶん
 
イメージ 7
 
だって、何も無い場所ですよ、・・・・・空と、草と、道しかないんです。
 
イメージ 8
 
きっと、道に感動します。
 
イメージ 9
 
でもね・・・・・来るのは1回が良いかも(笑)
 
イメージ 10
 
私も、次回はパスしようかな?(爆)

天塩にある鏡沼海浜公園、ここのライダーハウスから曇り空のなか日本最北を目指す。
 
イメージ 1
 
走り始めは、曇っているだけで快適だったんですよ
 
イメージ 2
 
のどかで気持ちが良いんです。
 
イメージ 7
 
w6って、似合うような気がする(実はどんなバイクでも似合うんです)
 
イメージ 8
 
湿原が広範囲にあるんですが・・・・・・花にはあんまり興味が無い
 
イメージ 9
 
ビジターセンターも立ち寄りました。・・・・・の証拠写真のみ!
 
イメージ 10
 
ここの風車は迫力があるんですが、写真のセンスが無いので・・・・・それが伝わらない。
 
イメージ 11
 
このパーキングシェルターだつて、センスのよい方が写すと・・・・・もっと迫力があるんだけど・・・・・
 
イメージ 12
 
海の向こうに見えるはずの利尻島も島の下部しか見えません!
 
イメージ 13
 
ニッコウキスゲに良く似た花も、凄い範囲で咲いているのに・・・・・それを表現できない
 
イメージ 14
 
最北端は雲が多そうですね
 
イメージ 3
 
ここまできたら・・・・・行くしかないでしょう!
 
イメージ 4
 
でも、毎年来てるから・・・・・・全然感激なし(来過ぎかな?)
 
北に向うとまだ雨雲・・・・・・・・雨具装着!・・・・・・ノシャップ岬・・・・素通り・・・・・
 
でも、宗谷岬に着く前から雨は上がった。ここで、いきなり新潟から来たと言う男性が話しかけてきた、どうやら昨日から自分と同じコースを乗用車で走っていたようで、『よく合いますね!』・・・・・私は初対面なんですが
 
話に乗るのも、すこし面倒になってきたので・・・・早々と宗谷岬を後にする。
 
イメージ 5
 
さるふつ公園では、着ていた雨具の着干し成功で・・・・晴天仕様に変身です。
 
そろそろ、今夜の宿を決めたいところですが・・・・・
 
イメージ 6
 
そいえば最北のガソリンスタンドで給油したので、証明証とキーホルダーを頂きました。
 
何回も来ているんですが、ここのスタンドでの給油は初めてでした。(ちょっと、うれしい)
 

イメージ 1
 
ライダーハウスのオーナーがバイクにカバーをかけてくださいました。・・・・・ありがたい!
 
イメージ 2
 
外人のチャリダーの自転車にもカバーが・・・・・
 
イメージ 3
 
雨対策をしていない風防に防水処理をいたします。(少しの雨が隙間から入り込むんですね)
 
イメージ 4
 
ナビ本体にもビニールで防水仕様です。(何の準備もしていない事が、これで判明したね)
 
ところが・・・・・走り始めて雨じゃないんですが、霧雨・・・・・・しかし道路もぬれているし、感覚としては雨降りと同じ条件・・・・当然、雨具を装備します。
 
それでは本日の目的!マルトマ食堂でホッキカレーを頂く!
 
イメージ 5
 
朝6時からの開店です。当然1番入場
 
イメージ 6
 
で、注文したのはホッキカレーじゃなくて・・・・・・幻のマルトマ丼(メニューにはございません)でした。
 
ところが、マルトマ丼は『幻の丼』と、呼ばれていて知る人しか食べられない丼だったはず!
 
値段も他の物は去年と同じだったんですが、マルトマ丼だけ値上げしていました。
 
もう幻じゃなくなっていたんですね・・・・・・私の後に入ってきた人も、普通にメニューに無いマルトマ丼を注文していました。・・・・・・ガッカリだよ!
 
イメージ 7
 
今回はフライ物まで入っていて・・・・・・・『もう卒業だね!』
 
イメージ 8
 
美笛峠を下ってきた辺りにあるドライブイン
 
この辺りから、霧雨も晴れてきた
 
イメージ 11
 
これから羊蹄山辺りまでは、快適だったんですが・・・・・
 
山越えをして小樽までは、ガスがかかっていて前が見えない『ビリビリ』だよ!
 
イメージ 12
 
洞爺湖辺りは道路も乾いていたんですが、やっぱり標高のある場所は霧雨やガスでイマイチですね。
 
イメージ 13
 
でも、オロロンラインは良い天気。
 
イメージ 14
 
道の駅ではハーレーが多いね!
 
イメージ 15
 
完全に天気は回復して気分も最高!・・・・ついつい『さいこ~っ』って、叫んじゃうね!
 
イメージ 16
 
風車は日本中にあるけど、北海道が1番マッチしている気がする。
 
イメージ 17
 
日本じゃないような風景を見せてくれる場所があると、『お~っ!』って、感激するんだよね!
 
でも、今回バイクでは3回目で、初回ほどの感動は無いけど(笑)
 
イメージ 18
 
途中、天塩の道の駅で今夜の宿を決めた。ノシャップ岬にある(みどり湯ライダーハウス)電話をして、『OK』をもらったんですが・・・・・奥さんの『雨だよ』・・・・この一言でキャンセル!
 
この先、雨雲の中には入りたくありません!キッパシ!
 
イメージ 9
 
で、仕方が無いので・・・・・以前にもお世話になったライダーハウスに入りました。
 
係りのお姉さんが『新しくなったので、そちらをご利用下さい』って、言ってくれたので、見に行ったら先客あり
 
イメージ 10
 
古い方は誰もいない・・・・・・こちらに決定!ここはマット、シュラフは必要です。
 
まっ、200円だから仕方が無いね。
 
こんなところでも、十分!宿が決まると安心できる。
 
チャリダーが1人同居して、2人で御泊りでした。
 
夜は雨が降っているようでしたが、朝には雨も止んでいましたが、曇り空です

イメージ 1
6月20日、自宅を21:00出発。春日井インターから名神高速に入るが、ETCゲートが開かない?
 
とりあえず、こんな所で止まっていては危険なので、そのまま走行する。
 
走りながら・・・・・・・・
 
オルタネーターステータを交換した時に、『バイク屋が何かしてしまったんだろうか?』・・・・・それとも
 
『ハンドル回りを作業した時に、自分で何かしたんだろうか?』
 
考えても仕方が無いので、とりあえず敦賀ICに向う。
 
当然、敦賀インターのゲートも開くはずが無い・・・・・・
 
高速の係員にETCカードをシートの下から取り出すのは、時間がかかるので『別のカードで精算』を、お願いしました。
(ちゃんと割引も有効で1700円でありました。)
 
イメージ 2
 
フェリー乗り場には予定の23:30前に着いたのだが、バイクの乗船は21日の00:30の事・・・・・
 
『早く来る事はまったく無い』・・・・乗船チケットには『23時30分までにはお越しください。』って・・・・・・書いてある
 
イメージ 10
 
『乗船時間を0時15分から・・・・・・・』なんてアナウンスがあったので、バイクに向うが・・・・・
 
それからも、時間がかかる!
 
乗船後、係員から『荷物を全部外してください』と、指示があります。
 
重い荷物を外して船内に持ち込む、しかし・・・・・・・・・・・・・・・・
 
バイクにビス止めしてあるコンテナケース等は『OK』のようでありました。
(なるほど)
 
イメージ 11
 
乗船後は早速、自分への燃料補給です。
 
イメージ 12
 
朝、8時に起床のアナウンス!
 
ヒマなので風呂に入り時間をつぶす。この時間は暇なので北海道の予定を立てると良い時間です。
 
イメージ 13
 
台風4号の影響が残り、良い天気ではありません。・・・・・でも、『早く通過して良かった!』
 
イメージ 14
 
あまりにも時間が有りすぎで、退屈!
 
しかし、青森まで自走して北海道に向うより『らくちん!』多少、時間や費用はかかるけど・・・・・・・・・・
 
明日の予定など確認する。①千歳から苫小牧のマルトマ食堂でホッキカレーを朝食とする。
②その後、支笏湖、美笛峠、洞爺湖そして、今回のツーリングのテーマの1つ『太平洋~日本海横断コースを走る』だよね!
 
 
イメージ 15
 
船内ではビンゴゲーム開催・・・・・・・・・・・・・・・・まったく運が無い。リーチさえありませんでした。
 
1等賞は船内で利用できる3000円分の利用券でした。
 
昼からハリーポッターの映画上映があったので見に行ったんですが、室内が暗くなると目をつむる自分がいました。しかたがないので、再度お風呂に入り時間をつぶす。
 
イメージ 3
 
去年までは2等乗船は畳の部屋でごろ寝だったんですが、今年からツーリストAに変わり、個室に変わっていました。
 
さすが、個室はゆっくり寝ることが出来ます。従来のごろ寝とは大違いです。
 
17:30船上から、今夜の宿泊地予定の(ライダーハウスちとせ)に入電、今夜の宿は確保された。
 
これで安心だ。・・・・・後は天気だね
 
イメージ 4
 
下船に先がけて、サイドスタンド板の製作!・・・・・・・・北海道のアスファルトはやわらかくて、これが無いとアスファルトにサイドスタンドが刺さり穴が開きます。
 
しかし、今回は利用する事がありませんでした。
(こんなのを大事に持ち歩いていました。・・・・・・ざんねん)
 
イメージ 5
 
とうとう、下船前です。寝室からロビーまで荷物を移動させ下船時間を待ちます。
 
下船の案内があった。『天気は曇り、気温は14度』・・・・・・すぐにインナーの装備です。
 
下船はバイクから、『えっ!』・・・・・外は小雨が降っている。
 
日高自動車道(無料区間)を走って(ライダーハウスちとせ)に21:50到着!
 
イメージ 6
 
苫小牧東から千歳までは結構距離があるように感じますが、高速もあり(無料区間を利用)割と時間はかかりません。(市街地に向うので町の明かりで安心できます。逆に郊外の宿に向うのは・・・不安です)
 
イメージ 7
 
このライダーハウスには布団はありませんので、シュラフが必要です。今回この部屋は1人で貸切でしたので用意してきたマットは使わずに常備してあったマットを利用しました。
 
イメージ 8
 
ささやかながら、自分への燃料補給です。
 
苫小牧東から小樽まで1部区間で霧雨が降っていたので、雨対策をしていなかったなナビに水滴が入り込み起動しなくなってしまいました。
(しまった、あわてて水分をテッシュでふき取りましたら・・・・・・良かった動き出したよ。)
 
イメージ 9
 
 
6月22日、北海道の朝は早い4時前には明るい!年寄りの我々にはピッタリ!しかしマルトマ食堂の開店が6時なので、ゆっくり準備をする。
 
テレビの天気予報でも曇り空で大丈夫そうだ!(本日のコース)
 
ライダーハウスの外観はこんな感じです。元は床屋さんだったみたいです。
 
今回手前の部屋には(以前の床屋部分)先着のチャリダー2人が泊まっているそうです。私は後方の自宅部部での宿泊でした。入り口も左側にあります。テレビ、水道、電子レンジ等何もかも装備してあり非常に快適な空間です。(来年以降も利用したいライダーハウスです)
 
 
 

↑このページのトップヘ